さまざまな歯科治療

診療内容によって異なる治療費の特色

近年の歯科クリニックの診療内容は多様化しているので、保険診療と自由診療ではその費用が大きく異なるのが一般的である。また保険診療の範囲内でも虫歯の治療や入れ歯の製作もできるので、誰でも治療を受けることで快適に食事をすることが可能であろう。通常の虫歯の保険治療の場合には、1か月程度の治療期間で数千円の費用が一般的であろう。しかしインプラント治療の場合には保険が適用されないので、1本あたり10万円以上の費用がかかるであろう。しかし歯科クリニックによってインプラントの費用は異なるので、事前に複数の歯科クリニックの治療相場を比較するのがポイントである。また正確に診断するためにCTを利用する場合には、1万円前後の費用がかかるであろう。

歯の治療から予防への転換の歴史

歯科治療の歴史を考える場合には、治療から予防への大きな転換が起きていることが特徴的である。特に近頃ではデジタル化したレントゲン画像も使えるために、精密な画像を治療と予防に役立てることが可能である。また虫歯の予防で最も大きな役割を果たしたのは定期検診であり、数十年前からの定番の診療内容である。しかし最近の十数年の間に予防歯科に力を入れるクリニックが増えたので、大人も子供も虫歯の平均的な本数が減ったのが特徴的である。特に定期検診で早期に歯周病の発見もできるために、歯と歯茎の両方の健康維持が可能になったのが最近の特徴である。また歯石の除去やホワイトニング治療も主流になったので、歯の美しさに満足している人も増加傾向である。