治療の種類

妊娠中は口のトラブルが多い

女性がお腹に赤ちゃんができた場合、こまめに歯科医院に行ったほうがいいといわれています。というのも、妊娠中はつわりやホルモンのバランスが乱れて、歯の病気にかかりやすいからです。 具体的な症状としては、妊娠性歯肉炎があります。この原因は、つわりによって口の中が不潔になるからといわれています。歯肉炎になると、歯肉が腫れて痛い思いをします。なので、歯科医院に診てもらった方が良いです。 その他にも、妊娠中は虫歯になりやすいです。これは、つわりで口の中が不衛生になることや、嘔吐による胃酸によって起こります。 また、妊娠性エプーリスも妊娠時になりやすい症状です。これは、ホルモンの影響で歯ぐきの一部がこぶのようになることです。

妊娠時に歯科医院に行くときの注意点

妊娠時には、口の中のトラブルが多くなります。なので、定期的に歯科検診に行った方が良いです。妊娠時の歯の治療の注意点は、なるべく安定期とされる妊娠中期に行くようにすることです。というのも、妊娠初期の頃は胎児に影響を及ぼす可能性があるからです。また、母体に負担がかかる妊娠後期もなるべく治療を控えたほうが良いです。 それと、妊婦さんの体調に合わせた治療を歯科医院では行ってくれます。なので、何か不具合があれば遠慮せずに伝える事が大事です。たとえば、おなかが大きくて仰向けになることが苦しいと訴える妊婦は多いです。その場合は、少しだけ背もたれを傾けて、医師が立って治療を行ってくれます。なので、妊婦さんが苦しくない体勢で行えます。歯科医院では臨機応変に対応するので、遠慮なく伝えることが大事です。

キレイに

歯科でホワイトニングを受けることによって、歯を今までよりも白くキレイに見せることができます。しかしホワイトニングを受ける場合には注意すべきポイントがたくさんあるので把握しておきましょう。

詳しく読む

方法を知る

歯科には様々な役職の人が働いています。その中でも歯科技工士と呼ばれる人たちの仕事を説明するので、どんな特徴を持っているのか歯科で治療を受けるときに役立てましょう。

詳しく読む

さまざまな歯科治療

歯の治療や予防、定期検診なども行う歯科では、保険適用の有無などで料金が変化したりと、いろいろな側面があります。どんな治療が必要なのか、ハッキリさせることが重要となるでしょう。

詳しく読む