方法を知る

歯科技工士とは、歯科医の作成した指示書のもとに歯に詰めるものやかぶせるものを作る仕事をしている人たちのことです。歯科技工士の養成機関で全過程を履修し、歯科技工士の国家試験に合格した者がなることができます。 院内の歯科技工士として働くか、歯科技工所で働く場合もあります。また、歯科技工所として独立することもできます。 歯科医の依頼のもと人口歯を作るのですが、養成所を卒業したからといって上手に作れるというわけではないのです。 日々研鑽して技術を積んでいかなければいけないのです。それだけ難しい仕事といえます。 歯の詰め物などは歯科技工所に依頼が来ると納期までに作ります。この納期は必ず守らなくてはならないのです。 歯医者では、患者から型を取ってから、次回歯が入りますと次の予約をするのです。 歯科技工所では、患者の予約に合わせて作らなくてはいけないのです。

歯科技工所では、歯科技工士が一人の場合もあれば、数人の歯科技工士がいる場合もあります。歯科医とは特別に契約しているわけではありません。納品された技工物の出来上がりによって歯科技工所として信頼を得ることができるのです。 そのためにも、腕を磨き上手に作れるように技術を高めなくてはいけないのです。 最近は、中国の歯科技工所に依頼する歯科医も増えてきました。中国では、何十人という歯科技工士が工場で働くように整然と仕事をしているのです。 その分、価格も安くすみます。 しかし、患者に満足してもらえる美しい自然歯を作ることは難しいかもしれないのです。 セラミックで歯を作る場合は、着色の仕方や数ミリという薄さに仕上げるため歯科技工士の優れた技術が必要となるのです。